「仕事でよい人間関係を作るために」今すぐできる3つのこと

「仕事でよい人間関係を作るために」今すぐできる3つのこと

『職場で良い人間関係をつくりたい!』

『人間関係で悩みたくない!』

と思っている人は多いと思います。職場は1日の大半を過ごすところなので、人間関係にうまくいかないと大きなストレスを抱えることになるかもしれません。今回はそんな職場の人間関係を円滑にする方法の中でも、今すぐにできる方法を3つご紹介します。是非参考にしてみてください。

「仕事でよい人間関係を作るために」今すぐできる3つのこと

 
結論から言いますと、今回ご紹介する方法は『笑顔』『言葉』『思いやり』を大切にするという方法です。とても簡単な方法ですが、抜群の効果を発揮されるはずです。これらの方法について1つ1つ説明していきます。

笑顔を大切にする

『え?笑顔!?それだけ!?』と思うかもしれませんが、侮ってはいけません!めちゃめちゃ重要です。ピリピリしている人やムスッとしている人は自然と敬遠されてしまうモノです。誰しもが『せっかく一緒に働くならニコニコしている人がいい』と思っているものなので、まずはあなた自信が笑顔を心掛けてみてください


とはいえ、『急に笑顔って言われても難しい』し、『逆に不気味じゃない?』と思うかもしれません。すぐには出来なさそうな場合であれば、例えば、挨拶を貰ったらニコッとしながら返すようにしたり、仕事を頼まれた時は少し口角を上げて『わかりましたっ!』と言うように意識するだけでも十分だと思います。終始笑顔でなくてもふとしたタイミングで出る笑顔は相手を和ませてくれます。


『笑う門には副来たる』
ということわざのとおり、『笑顔を大切にする』ことで、よりよい職場生活が送れると思います。明日から是非試してみてください。

言葉を大切にする

『笑顔』の次は『言葉』を大切にしましょう。大切にすべき言葉は、『おはようございます』『お疲れ様でした』『ありがとうございました』『申し訳ありません』です。簡単に思えますが、苦手な人や嫌いな人にも分け隔てなく言えていますか?むしろ、苦手な人に対してこそ4つの言葉を徹底しましょう。

『おはようございます』『お疲れ様でした』は笑顔でいいましょう!それだけで周りの雰囲気をよくすることができます。

『ありがとうございました』は面倒でも、その人の所まで足を運びましょう。お礼をする為にわざわざ来てくれた人に悪い気持ちを抱く人はないと思います。MAILや電話ではなく直接お礼を言いましょう。

仕事の節目に改めてお礼をすると効果的です。例えば、手伝って貰った仕事が完了した時には、『先日手伝って貰った××の件ですが、おかげさまで無事終えることができました。どうもありがとうございました』と改めてお礼をしましょう。

正直、何かして貰った直後にお礼をするの当たり前ですが、相手も少し忘れかけているような事に対して改めてお礼を伝えると一気に好感度は上がります。コツとして、1つ仕事が終わったら、『この仕事を手伝ってくれた人って誰だっけ?無事終わった報告と併せて、改めてお礼をしに行こう!』と思い返すと良いかと思います。

『ごめんなさい』は誠意を込めて謝りましょう。全てが自分のせいではなかったとしても、全部自分が悪いんです!くらいの気持ちで謝りましょう。適当に謝っていたり、他人のせいだと思いながら謝れば、確実に見抜かれます。潔く謝りましょう。言い訳したい気持ちはとても分かりますが、潔く謝った方が確実に好印象です。自分のプライドは捨てて、誠意を持って謝罪する方が賢いです。

思いやりを大切にする

最後に大切にすべきは思いやりです。『思いやり?具体的に何すればいいの?』って思うかもしれません。例えば、仕事で遅くまで残っている人がいたら『何か手伝いましょうか?』と声を掛けてみたり、プレゼン発表の質疑応答に対して『メモとっておきました』と渡してあげたり、荷物が届いていたら『届いていたので持ってきました』と渡してあげたり、色々とできることはあると思います。

思いつかない場合は、誰かにしてもらって嬉しかったことをメモしておきましょう。そして、次はお返ししてあげると良いスパイラルにができると思います。

まとめ

 

今回は職場でよい人間関係を構築するための、今すぐできる3つの方法を紹介しました。是非実践して頂き、ストレスのない充実した職場生活を送りましょう!

『笑顔』を大切にする

『言葉』を大切にする

『思いやり』を大切にする