【株で副業】サラリーマンしながら株で稼ぐことはできるのか?

【株で副業】サラリーマンしながら株で稼ぐことはできるのか?

『サラリーマンしながら株で稼げるの?』

『実際にどれくらい稼げるの?』

株を始める前はこのような疑問が浮かぶと思います。私は実際にサラリーマンをしながら株式投資をしていますが、やはり始める前は上記のような疑問を抱いていました。本記事を書いている時点で投資歴は1年半になりますが、結論から申しますと、

結論:スイングトレードならサラリーマンしながらでも稼げる!【体験談】

です。スイングトレードとは数日〜数週間くらいの期間でトレードする方法です。トレードのやり方はいろいろな種類がありますので、一覧にまとめておきます。

 

トレード手法 期間 メリット デメリット
デイトレード 1日 資金効率良 1日中拘束

スイングトレード

数日〜数週間 短期間で結果出る 毎日株価check
ポジショントレード 数年 放置でOK 時間が掛かる

 

この中でも今回オススメするのが、『スイングトレード』になります。

理由は、『毎日少しだけの作業(昼休み中に終わります)でOK』という点と、『短期に利益を出せる』からです。サラリーマンしているので、デイトレーダーのように終始画面に張り付いてトレードできませんし、長期保有のように気長に待つトレードも面白くありません。サラリーマンにとっては、その間をとった『スイングトレード』がピッタリかと思います。今回は私の実例を交えながらスイングトレードでどれくらい稼げるのか紹介していきたいと思います。

サラリーマンが副業でスイングトレードしていくら稼ぐことができるのか?【実例紹介】


先に結論から申し上げますと、私は株の知識ほぼ0でのスタートから現在まで平均すると、

運用金額の1〜2%を毎月稼いでいます。

ですので、仮に運用資金が100万円であれば、毎月1〜2万円になります。少ないと感じるかも知れませんが、毎月1〜2%ですので、年率12〜24%になります。銀行に預けても、年率0.1%くらいなので、100〜200倍も稼げることになります。銀行に預けているだけの余裕資金があるなら、株式トレードに回した方が資金の有効活用になるかと思います。

運用資金 利益 月率
2019年 1月 約6,000,000  65,164  1.1
2月 約6,000,000  126,776  2.1
3月 約6,000,000  -1,119  0.0
4月 約6,000,000  35,782  0.6
5月 約6,000,000  71,374  1.2
6月 約6,000,000  0.0
7月 約6,000,000  251,096  4.2
8月 約6,000,000  211,047  3.5
9月 約6,000,000  90,788  1.5
10月 約6,000,000  135,832  2.3
11月 約6,000,000  79,792  1.3
12月 約6,000,000  16,492  0.3
2020年 1月 約10,000,000  107,572  1.1
2月 約10,000,000  337,259  3.4
3月 約10,000,000  227,395  2.3
4月 約10,000,000  172,420  1.7
5月 約10,000,000  201,456  2.0
平均 125,243  1.7

これまでトレードしてきた実績を示します。知識0からスタートしたので、最初のうちはうまく稼げていませんが、最近のトレード含めて平均すると、毎月1.7%程の割合で利益を出せています。

他の人の株ブログやYouTubeでの動画では毎月10%くらい出している人も多くいる為、そういった凄い腕を持ったトレーダーをみると凄いなと思いますし、シンプルに落ち込みますが、自分なりのペースで続けていこうと思っています。たぶん、株ってそういうものだと思います。

サラリーマンしながら副業で株式トレードするメリット・デメリット


まず、メリットとしては下記が挙げられます。

 ✔︎稼ぐ力up

 ✔︎+αの収入でゆとりを得られる

 ✔︎社会の流れがわかる

それぞれ簡単に解説していきます。

稼ぐ力up

現代では、一昔前のように60才まで終身雇用で、その後は年金で安泰に生活できるような時代では無くなってきています。終身雇用は終わっていますし、年金を貰える年齢はどんどん上がってきています。そんな中、自分自身で稼ぐ力がとても重要になっていると感じています。

株式投資はスマートフォンのアプリで簡単に取引できる為、場所も選びませんし、最悪、病気になったとしてもベットの中でもお金を稼ぐことができます。また、自分は知識0からスタートしましたが、実際にトレードすることで確実に上達していると実感しています。こんな時代だからこそ、今のうちから株式投資にトライし自分で稼ぐ力を身に付けておくことは大きなメリットだと考えています。

+αの収入でゆとりが得られる

サラリーマン給料とは別に+αの収入があるとシンプルに嬉しいです。+αなので自由に使ってもOKとすれば、何に使おうか色々考えるだけでワクワクしますし、やっぱりお金があると充実感は違います。株で儲けたお金を使って、いつもより少し豪華な食事をしてみたり、遊びに出かけてみたり、そのお金を投資に回して更なるリターンを狙ったりなど、いろいろなことができるのがメリットだと感じています。

社会の流れがわかる

スイングトレードをするとなると、毎日の株価checkは必要です。最初のうちはただ株価変動を見ていただけですが、だんだんとその理由が気になってきます。日本株の場合、アメリカの出来事が原因で変動することが多いですが、そのニュースを調べていたりすると、社会の流れが分かってきます。

株をしていないときは、正直、社会の動きとか興味ありませんでしたが、今となっては社会の流れを体感する楽しさを感じています。また、今までは全く気にも留めていなかったテレビニュースの為替コーナーや世界情勢のニュースにも興味が湧いてきて、シンプルに楽しいです。

次にデメリットですが、

 ✔︎仕事中に株価が気になる

 ✔︎株価の動きで一喜一憂する

 ✔︎負けているとき精神的に辛い

仕事中に株価が気になる

株価は時事刻々と動いています。その動きはスマートフォンで確認できます。最初のうちは気になって仕方ありません。昨日買った株は今どれくらいの値段になっているのか?正直チラッと見ていました。

ただ、スイングトレードではデイトレードとは違いますので、数時間おきにチェックする必要はありません。昼休み中に確認して、ササッと取引するだけで十分です。最初はどうしても気になってしますものですが、いまではあまり気にせず仕事に集中できているので、スイングトレードに慣れてしまえば問題ないかと思います。

株価の動きで一喜一憂する

これも大きなデメリットです。株価が狙い通りに動けば嬉しいですが、反対に違った方向に動いた時はめちゃくちゃ憂鬱な気分になります。こればかりは今でも続いていますが、だんだんと薄らいでいる気がします。株で儲ける上での必要事項と割り切っているからかも知れません。正直、毎日数分の取引だけで稼げるのがスイングトレードなので、肉体的な負担0な代わりに精神的な負担があるものだと捉えています。

負けているとき精神的に辛い

負けている時はシンプルに辛いです。これも割り切るしかないですね。株価は上がるか下がるの2択しかありませんので、単純に考えて勝率は50%です。半分は負けます。そこからトレードを重ねることで勝率を上げていくしかないです。なので負けている時は精神的に辛いですが、絶対に次に繋げるんだと心に誓って、むしろ良い勉強になったと捉えることが精神衛生上良いかと思っています。

スイングトレードを実際に身に着けるにあたってオススメの本


私は知識0で株式投資を始めました。知識がなくてもとりあえず始めて見て、わからないことは都度ネットで調べながらやってみようというスタンスで開始しました。その中で1冊くらいは読んでみようと購入した本を紹介します。

『 株でゆったり月20万円。「スイングトレード」楽すぎ手順 』

私はこの本でスイングトレードの手順を学びました。これまで安定して利益を出せたのも、この本のおかげだと思っています。これからスイングトレードを始めようと思う方は一度読んでみるとその先のトレードに役立つと思います。

まとめ


『サラリーマンしながら株で稼げるの?』

『実際にどれくらい稼げるの?』

このような疑問に対して、私自身の体験から、

結論:スイングトレードならサラリーマンしながらでも稼げる!

と言う内容をお伝えしました。また、サラリーマンしながら株をするメリット・デメリットを解説すると共に、具体的な投資手順に関しては、オススメ本を紹介いたしました。これらの情報が少しでもお役に立てればと思っております。以上、最後までお読み頂きありがとうございました。