オリックス(8591)の銘柄分析

オリックス(8591)の銘柄分析

はじめまして。

自分はサラリーマンしながら副業として株式投資しています。2019年1月からスタートして、今では毎月平均10万円程稼いでいます。まだまだ素人ですが、この日記を通じて、

 ✔︎エントリー/イグジットのタイミング

 ✔︎相場を動かすイベントやニュース

 ✔︎自分なりのコツ

を綴っていきます。サラリーマンなどの本業をしながら副業で株式投資している方はじめたばかりで他の人のトレード手法が気になる方、この日記ではなるべく丁寧かつ具体的に綴っていますので是非ご覧いただけると幸いです。

オリックス(8591)の銘柄分析

本日はオリックス(8591)の銘柄分析していきたいと思います。企業の価値を図るメジャーとしては様々なものがありますが、今回はその中でも『投資の神様』ウォーレン・バフェット氏が注目する『ROE』と『EPS経年変化』で見ていきたいと思います。また、配当金や現在の株価についても見ていきます。

ROEが11.6%

ROE(Return On Equity)(株主資本利益率)は

   ROE = 純利益 / 自己資本 × 100

で表されます。株主さんから集めたお金を効率的に使っているかどうかを表しています。一般的にはROEが10%以上は優良と言われる中で、オリックスは11.6%とバッチリ優良に分類されると思います

EPSは3年連続増加

EPS(Earning Per Share)(1株あたりの純利益)は、

   EPS = 純利益 / 発行済み株式数

で表されます。つまり、1株当たりでどれだけ利益を出しているか表す指標になります。EPSは単年度だけ見ても意味がありません。過去数年間にEPSが順調に増加している企業は、成長を続けていると捉えることができ、優良銘柄と言えるでしょう。そんな中オリックスは、

17年 208.9円

18年 244.4円

19年 252.9円

3年連続上昇しており、この数値を見てもやはり優良といえます。

配当が超優秀

オリックスといえば、高配当銘柄として有名です。配当は3月と9月の年2回で、2019年は

3月(期末配当):46.0円/株

9月(中間配当):30.0円/株

2020年も年間76.0円の予想だと公式HPに記載されていました。また、3月にはカタログギフトも貰えると言うことでかなり配当に関しては言うこと無しの優良銘柄になります。

現在の株価はコロナの影響で下がっている

日足チャートを見ると、コロナショックの影響でかなり下がっています。

この先はまだ見えないところですが、コロナが落ち着いて経済活動が通常通りになってくれば、株価も上昇してくるかと思い800株保有しています。期待しております!

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。