2020/04/27_楽天のチャート分析

2020/04/27_楽天のチャート分析

はじめに

はじめまして。

自分はサラリーマンしながら副業として株式投資しています。

2019年1月からスタートして、今では毎月平均して10万円前後稼いでいます。

まだまだ素人ですが、この日記を通じて、

 ●どういう根拠でエントリー/イグジットしたのか?

 ●相場を動かすイベントやニュース

 ●自分なりのコツ

 ●その日にあったしょーもないこと

を綴っていきます。

自分と同じでサラリーマンなどの本業をしながら株式投資している方、

はじめたばかりで他の人のトレード手法が気になる方、

この日記ではなるべく丁寧かつ具体的に綴っていますので是非ご覧いただけると幸いです。

楽天のチャート分析

今回は保有株の中から『楽天』のチャート分析していきたいと思います。

まず本日の日足チャートを見てみましょう。

さて、今後はどのように動くでしょうか?

自分は、『上値が重く、もみあいが続く』のではと思います。

その理由を自分なりのチャート分析で解説していきたいと思います。

まず、直近の高値を繋いだ上値抵抗線を引いてみます。

すると、現在の株価は上値抵抗線付近にいることがわかります。

このラインに近づくと反発することが多く、上値が重くなると考えます。

また、下落する場合でも25日移動平均線や75日移動平均線が下にあり、

これが下値支持線となりサポートしてくれると考えます。

また、決算を控えているため様子見モードの人もいると思います。

以上まとめると、

 ●高値を繋いだ上値抵抗線が真上にある

 ●下にも25/75日移動平均線があり下値支持線となる

 ●決算前で様子見モード

が理由で『上値が重く、もみあいが続く』かと思ってます。

動くとしても下記の紫色のレンジくらいかと。。。

とはいえ、その紫レンジの中でどう動くかが、

数日間、数週間単位でトレードを行うスイングトレードでは重要だと思うので、

シナリオ考えていきたいと思います。

その前提として、GWもあるので休日変動リスクを抑えるために、

一度手仕舞いする人も多いのかなと思っています。

そう考えると、明日4/28からやや上昇して、上値抵抗線にトライするも

反発して下落していく。。。なんてシナリオかなぁと思っています。

イメージは下記の通りです。

このシナリオの場合は、上値抵抗線あたりで利益確定してしまって、

その後、空売りを仕掛けるのもありかなぁと考えています。

チャート分析は以上です。

本日の保有株

これまでの株取引の成績は下記リンクに記載しておりますので、

よろしければご覧ください。

 

 

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。