2020/04/16_原油価格の下落がヤバイ

2020/04/16_原油価格の下落がヤバイ

2020/04/16_原油価格の下落がヤバイ

現在絶賛暴落中の原油価格ですが、

20ドル/バレルを割りそうな勢いですので、今日のトピックに選びました。

まずWTI原油先物の日足チャートは現在こんな感じになっています

昨年末では60ドル程あった原油価格が今では20ドルまで下がっています。

株価大暴落の原因はコロナであり”コロナショック”と言われる一方で、

実はこの原油価格の暴落が更に拍車をかけたと言われていますね。

なぜ原油価格が下がると株価も下がるのか?

原油価格が下がるとなぜ株価も下がるんでしょうか?

まず、前提として石油会社にとって支出と収入の損益分岐点があり、

例えばアメリカのシェールオイル会社にとっては40〜50ドル/バレルあたりが

損益分岐点と言われています。

と、すると現在の20ドル/バレルって、めちゃめちゃヤバイんです。

掘れば掘るほど、売れば売るほど、赤字なんです。

そうすると経営が危なくなります。

石油会社は自分たちの資金を株などで運用していることが多いですが、

足元の経営が危ない中、資金運用している余裕はなくなり、

その資金(いわゆるオイルマネー)を引き揚げてしまいます。

要は持ち株を売るってことです。

大量に売られれば株価は下落しますよね。

こういったメカニズム、ないしは、こういった展開を予想して、

株価が下落したのだと考えられています。

実際、アメリカのシェールオイル企業は何社も破綻しています。

さらなる協調減産の方向に進む?

では、原油価格を上昇させるにはどうしたらいいでしょう?

それは石油掘らずに市場で出回らせなければOKな訳で、

4/12の開かれたOPECプラスの会合では日量970万バレルの減産を合意しております。

それでもまだ下がり続ける原油価格・・・

これだけの減産をしてもコロナの影響で減少した石油需要を考えると不十分だったということでしょう。

このままではアメリカのシェールオイル企業は壊滅してしましますので、

アメリカとしても手を打つはずだと思います。

今後更なる協調減産などの動きが見られるのではないかと考えております。

原油価格が上昇しないと、株価も上昇しないと思いますので、

WTI原油先物には注目していきたいと思います。

本日の保有株

昨日空売りしたMonotaRO。。上昇して早速含み損。。

まじか。。